モグワンがステマかどうか関係ある?考えるべきたった1つのこと | ファミペット
ドッグフード

1067view

モグワンがステマかどうか関係ある?考えるべきたった1つのこと

モグワンがステマかどうか関係ある?考えるべきたった1つのこと

いきなりですが、これだけは伝えておきたいです。

正直、ステマかどうかなんてどうでもよくないですか?

モグワンはたくさんのドッグフード紹介サイトで良い評価でまとめられていたり、おすすめランキングで上位になっていたりしています。
これが「モグワンはステマ(=悪質な商品)だ」と言われている原因です。
確かにどのサイトでもおすすめされていたら、ちょっと怪しく感じてしまうのが普通だと思います。

しかし、今この記事を読んでくれている方に聞いてみたいのですが、モグワンがステマかどうかを知ることが目的なのでしょうか。
おそらくですが、「うちの愛犬には身体に良いご飯を食べさせてあげたい。健康で長生きしてほしい。」というのが一番の目的なはずです。

その目的のために、「モグワン」は本当に悪い商品なのかどうなのかが知りたいからこそ、悩んでいるんだと思います。
そんな方に少しでも参考にしてもらえたら嬉しいです。

モグワンがステマかどうかは問題じゃない

モグワンがステマかどうかは問題じゃない

冒頭でも伝えましたが、モグワンがステマかどうかなんて問題にすることではないんです。
それでも気になる方は気になってしまうと思いますので、少しだけ弁明しておきたいと思います。

例えば、こんな紹介記事があったとします。

・身体に良くなさそうな食材を使っているドッグフードだけど、安全な商品のように紹介する
・身体に良さそうな食材を使っているドッグフードだから、おすすめだと紹介する

前者は嘘をついているので問題ありますが、後者はそこまで問題ないと思いませんか?
ステマだと否定されているドッグフード紹介サイトは、後者の場合がほとんどです。

もっといえば、獣医さんからすすめられたドッグフードが100%安全かというとそうではありません。
なぜなら、知らなかったアレルギーが発症してしまえば犬は体調を崩してしまいます。
おすすめされた結果ですから、これは「病院のステマ」ということになってしまいますよね。

このように、あれもこれも「すすめられているもの = ステマ」だといわれてしまうと、世の中のおすすめは何も購入できなくなってしまいます。

愛犬の健康が目的なら、シンプルに考えるべきたった1つのこと

愛犬の健康が目的なら、シンプルに考えるべきたった1つのこと

とはいえ、モグワンがステマかどうかまで調べて、人の口コミや評価に迷って悩んでいるのは、真剣に考えてあげられている証拠です。
それだけでも愛犬想いの素敵な飼い主さんですね。

ドッグフード選びに悩むことは決して悪いことではありませんが、他人の評価だけで決めてしまうのは勿体ないです。
もしかしたら、ステマだと切り捨てた商品こそが、愛犬にぴったり合う最適なドッグフードかもしれないからです。

ドッグフードに悩んだ時、シンプルに考えてあげればいいことはたった1つだけ。

愛犬と相談して決めることです。

何を言っているのか分からないと思います。
「犬は喋れないし、食べ物の良し悪しの判断なんてできないじゃないか!」と思うのが普通です。

ですが、そんなことはありません。愛犬は感情に素直な反応をしてくれています。
「好き・嫌い・嬉しい・悲しい・怒り」など、普段からいろんな表情を見せてくれますよね。

愛犬と相談して決めること

過去に「そういえば〇〇は嬉しそうに食べてたな」「〇〇は全然食べなかったね」「〇〇は好きみたい」「〇〇は嫌いかも」といった、飼い主と愛犬しか知らない思い出はありませんか。
愛犬に合うドッグフードを選ぶための基準は、それだけでも十分だと思います。

実際に買ってみて、実際に愛犬に食べさせてあげてみないと、「食べてくれるのか」「喜んでくれるのか」「体質に合うのか」なんて誰にも分かりませんよね。
口コミをしている他人の犬とおうちの愛犬は、性格も年齢も体質も環境も全く違うのですから。

考えるべきことはたった1つだけ。愛犬と相談して決めることです。

他人の意見だけであれこれと悩みすぎず、一度落ち着いて隣にいる愛犬と相談してみてください。

ステマ無視!有名ドッグフードとモグワンを細かく比較してみた

ステマ無視!有名ドッグフードとモグワンを細かく比較してみた

愛犬と相談といわれても、購入前に写真を見せて「美味しそうだワン」なんて喋らないから判断できない!

そんな飼い主のために、モグワンをおすすめする理由を長々と解説してもいいかなと思いましたが、おそらくこの記事を読んでくれている方は、すでにたくさんの紹介サイトを散々見てきてウンザリしていますよね。

そこで一番シンプルで分かりやすい他社ドッグフードとの比較だけ解説してみました。
比較するのは、通販サイト売上上位で愛犬家からの知名度も高い「ロイヤルカナン」です。

ロイヤルカナンは犬種・用途別でたくさん種類がありますが、その中でもAmazon・楽天・価格ドットコムのランキング上位の「ロイヤルカナン 療法食 消化器サポート低脂肪 犬用」で比較してみました。

ロイヤルカナン 療法食 消化器サポート低脂肪 犬用Amazon:ベストセラー1位、 楽天:1位(療法食)、 価格ドットコム:2位 (2018年5月現在)

簡単に解説しているだけですので、参考にもならないかもしれないですが、ちょっとでも背中を押せることができたら嬉しいです。

【原材料で比較】ロイヤルカナンの主原料はまさかのお米?

ロイヤルカナンとモグワンの原材料を比べてみます。

ロイヤルカナン モグワン
原材料 、肉類(鶏、七面鳥)、小麦、大麦、加水分解動物性タンパク、ビートパルプ、動物性油脂、酵母、フラクトオリゴ糖、 サイリウム、魚油、酵母エキス(マンノオリゴ糖含有)、マリーゴールドエキス(ルテイン源)、アミノ酸類(DL-メチオニン、L-リジン、タウリン)、 ゼオライト、ミネラル類(K、Ca、P、Zn、Mn、Fe、Cu、I、Se)、ビタミン類(コリン、E、C、パントテン酸カルシウム、ナイアシン、B6、B1、A、B2、ビオチン、葉酸、B12、D3)、 保存料(ソルビン酸カリウム)、酸化防止剤(BHA、没食子酸プロピル) チキン&サーモン53%(チキン生肉20%、生サーモン11%、乾燥チキン11%、乾燥サーモン7%、チキングレイビー2%、サーモンオイル2%)、サツマイモ、豆、レンズ豆、ひよこ豆、ビール酵母、アルファルファ、ミネラル、ビタミン、ココナッツオイル、バナナ、リンゴ、海藻、クランベリー、カボチャ、カモミール、マリーゴールド、ダンデライオン、トマト、ジンジャー、アスパラガス、パパイヤ、グルコサミン、MSM&コンドロイチン

【ロイヤルカナンの気になる点】

  • ・お米が主原料、他に小麦、大麦と穀物類が多い
  • ・加水分解動物性タンパク、動物性油脂が何の動物のものなのか分からない
  • ・添加物の保存料(ソルビン酸カリウム)、酸化防止剤(BHA、没食子酸プロピル)が入っている

【モグワンの気になる点】

  • ・グレインフリーフードだけど、豆、レンズ豆、ひよこ豆が入っている

原材料の品質・安全性は「モグワン」がおすすめ

ロイヤルカナンは穀物が主原料になっています。
穀物自体の栄養素が悪いわけではありませんが、犬は穀物の消化が苦手なため、大量に摂取すると消化不良から下痢を引き起こしやすいです。
また、小麦は食物アレルギーも起こしやすく、できるだけ避けておいたほうが良い原材料ですね。

ロイヤルカナンで特に気になるのは、添加物。
保存料や酸化防止剤は体内で蓄積されることで、将来的に様々な病気の要因になる可能性があります。

逆にモグワンは自然由来の原材料しか入っていません。
チキンとサーモンを主原料にバランス良く配合されているので、犬の身体を作る良質な動物性タンパク質を摂取することができます。

添加物も入っていませんので、ロイヤルカナンの原材料と比べて見ても、安全性も含めてモグワンの方がおすすめできますね。
ただし、豆類が入っているので、豆の食物アレルギーを持っている子には注意が必要です。

【成分で比較】色々栄養素が接種できるのはロイヤルカナン

ロイヤルカナンとモグワンの成分表を比べてみます。

ロイヤルカナン モグワン
成分 タンパク質 : 25.5g
脂肪 : 8.1g
食物繊維 : 10.0g
灰分 : 7.6g
水分 : 11.0g
炭水化物 : 61.6g
カルシウム : 1.3g
カリウム : 0.81g
リン 0.96 g
マグネシウム : 0.12g
鉄 : 21.2mg
銅 : 1.74mg
亜鉛 : 25.9mg
ナトリウム : 0.46g
EPA+DHA : 162mg
タウリン : 0.24g
アルギニン : 1.68g
ビタミンE : 69.4mg
ビタミンC : 34.7mg
ビタミンB群 : 6.94mg

エネルギー 346 kcal/100g

粗タンパク質 : 28%
粗脂肪 : 12%
粗繊維 : 3%
粗灰分 8%
水分 : 8%
オメガ6 : 1.63%
オメガ3 : 1.29%
リン : 1.27%
マグネシウム : 0.17%
ナトリウム : 0.29%
カルシウム : 1.65%
カリウム : 1.05%

エネルギー 344kcal/100g

どちらも低カロリー・低脂肪なので肥満対策におすすめ

ロイヤルカナンもモグワンも低カロリー・低脂肪のドッグフードです。
肥満対策におすすめですが、普通体格の成犬でも栄養バランスが優れているのでおすすめです。

ただし、ロイヤルカナンの炭水化物の量はちょっと気になります。
米を主原料にしているのが原因ですね。

日本の「ペットフード安全法」の基準となっているアメリカ飼料検査官協会(AAFCO)では「犬と猫が必要とする炭水化物の最低量はゼロである」と発表されています。
つまり犬には炭水化物が必要ないということですので、肉や魚などを主原料にしたドッグフードの方が栄養バランスとしては良いかと思います。

【値段で比較】ロイヤルカナン:低価格 / モグワン:高価格

一番気になるところの値段を比べてみます。

ロイヤルカナン モグワン
値段 3kg / 約4,200円
1日あたり約84円
1.8kg / 3,960円
1日あたり約180円

モグワンはプレミアムドッグフード

ロイヤルカナンと比べてみると、プレミアムと言われるだけあって、やはりモグワンは高価なドッグフードに分類されます。
モグワンが高価格になっている理由としては、原材料を見ても分かる通り、良質な食材を余すことなく使っているからです。

ただし、高価といっても1日あたり200円以下です。ペットボトル飲料1本分程度。
人間の食事なんかと比べたら全然安く感じます。

健康を犠牲にして低価格のフードを食べさせるか、健康第一に考えて高価格だけど良質なドッグフードを食べさせてあげるか。
どちらを選ぶかは自由ですので、愛犬と一緒に考えてあげてみてください。

  モグワン

モグワン

モグワンの特徴

新鮮な鶏肉・魚や厳選された野菜・果物をバランスよく配合。手作り食のレシピから考えられているので、おうちで作ったような愛情を感じる安心・安全プレミアムドッグフードです。 余計な添加物は一切使用せず、穀物も不使用(グレインフリー)なので、毎日食べる食事から愛犬の健康を徹底的に追求しています。 また、高タンパク・低カロリーで栄養満点のため、子犬から高齢犬まで幅広く対応。最高ランクのドッグフードだとおすすめできます。

内容量1.8kg
価格3,960円
対応品種・年齢全犬種・全年齢
主原料チキン&サーモン
穀物不使用
添加物不使用
粒の大きさ小粒(7mm)
カロリー(100gあたり)344kcal
賞味期限未開封で製造から18ヵ月
原産国イギリス
販売元株式会社レティシアン
1日あたりのコスト
(5kgの成犬の場合)
約229円
割引初回購入割引
定期購入割引
まとめ買い割引

良質なドッグフードは他にもたくさんある

良質なドッグフードは他にもたくさんある

今回は「モグワン」で調べてきている方が対象でしたので、モグワンだけをピックアップしてみました。
インターネットで調べれば、モグワン以外でも良質なドッグフードというのはたくさんあります。

人は選択肢が多すぎると、判断力が低下する(もしくは判断しない)ことが脳科学的に分かっているので、あえて数あるドッグフードの中から厳選して紹介しています。

そのなかで、いかに愛犬の体質に合ったドッグフードを飼い主が探し出せるのかが大切です。
ひとつのドッグフードだけに決めてしまうのではなく、色々なドッグフードを試しに食べさせてあげることが、愛犬にとっても最善だと思います。

すべての犬種・年齢・体質に合う完璧なドッグフードなんてありませんので、ひとつずつ真剣に判断してあげてください。

【まとめ】ステマかどうか、他人の評価ばかりで判断しないこと

【まとめ】ステマかどうか、他人の評価ばかりで判断しないこと

繰り返しになりますが、モグワンがステマかどうかなんて気にする必要がありません。
モグワンを食べさせてみて愛犬の体質に合えば良いわけですし、合わなければ他のドッグフードを選べばいいのです。
モグワンが合わなくても、良質なドッグフードの選択肢は他にもたくさんあるわけですし。

愛犬の体質が合う合わないは、他人が保証できるわけではありません。
他人の評価はあくまで参考程度にして、愛犬ときちんと向き合いながら、飼い主の方が一緒に決断してあげましょう。

モグワン以外のドッグフードは他の記事で紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。


\ ドッグフード選びに悩んでいる方へ /

ドッグフード選びに悩んでいる方へ

ドッグフードを総合的に評価して、ランキング形式でご紹介しています。
ドッグフード選びに悩んでいる方は、ぜひ参考にどうぞ!
 最新おすすめドッグフードランキング

関連した記事

モグワンの賞味期限はいつ?保存方法によっては台無しに!
ドッグフード
モグワンの賞味期限はいつ?保存方法によっては台無しに!

「モグワンの賞味期限は具体的に何日なの?」「無添加のドックフードはどれくらい長持ちするの?」といったモグワンの賞味期限について気になりませんか? 市販のドックフードは添加物である保存料や酸化防止剤を入れることで、長期間の…