【予防対策】犬の軟便は病院に行くべき?見分け方や自宅でできる5つのこと | ファミペット
犬と健康

更新

【予防対策】犬の軟便は病院に行くべき?見分け方や自宅でできる5つのこと

【予防対策】犬の軟便は病院に行くべき?見分け方や自宅でできる5つのこと

飼い主

やわらかい軟便が続いていて、ニオイも臭いし汚れるし困ってる…。どうしたらいいの?病院へ連れていったほうがいい?

理由がよく分からず、ワンちゃんの軟便が続いているとなると心配になりますよね。

犬の軟便は何かしらの原因で、お腹の調子が乱れていると起こします。
下痢とまでいかないのであれば、軟便は軽い症状であることが多いです。

ただ、慢性的に軟便が続いていると病気のサインという可能性もありますので、注意は必要。

今回の記事では、続いている軟便の対処法から病気かどうかの見分け方、原因、予防対策までまとめてみました。

ぽん

いつも健康的なウンチをしてくれるように、適切な対処法を知っておきましょう!

犬が軟便をした時の対処法

犬が軟便をした時の対処法

軟便の症状だけなら、お腹の調子を整えてあげれば治すことができます。

ワンちゃんはデリケートなので、ちょっとしたことでお腹を壊していることが多いんです。

  • 食べすぎた
  • 消化の悪いもの食べた
  • お腹が冷えた
  • ストレス

などなど。
軟便の原因は様々ですが、まず愛犬に元気があるかどうかが重要です。

それぞれの場合で対処法をまとめてみました。

【様子見】元気がある場合

軟便をしているだけで元気がある・食欲もあるといった様子であれば、そこまで心配はありません。

病気の可能性も低いので、とにかくお腹の負担がかからないように気をつけてあげてください。

対処法

  • 半日〜1日ほど絶食させて胃腸を休ませる(水は必要)
  • いつものフードをお湯でふやかす
  • 食事量を少し減らす
  • 食事回数を増やす
  • お尻まわりを綺麗にする(炎症の予防)

ぽん

ちなみに軟便のニオイが臭い・キツイのは腸内の悪玉菌が増えているからです。
正常な反応ではあるので臭くても心配ないです。

【病院へ】元気がない場合

元気がない・ぐったりしている・食欲がないといった様子であれば、何か問題が起きている可能性があります。

特に子犬・老犬の場合は要注意です。
とにかく原因が分からないと対処しようがないので、早急に病院へ連れて行ってあげましょう。

すぐに行けない時は、電話で対処法だけでも相談してみてください。

対処法

  • 病院へ受診・相談
  • 脱水症状にならないように水は与える
  • 愛犬の症状に変化がないか様子をみる

ぽん

とにかく専門家の判断を聞いてから対処しましょう。

病院に行くべき?軟便からみる見分け方

病院に行くべき?軟便からみる見分け方

ワンちゃんに元気があれば様子見、元気がなければ病院へ行くことが基本です。

2〜3日以上も軟便が続いていて、元気がなければすぐに病院へ行くべきです。
元気があったとしても1週間以上の軟便が続いていたら、念の為に診てもらったほうがいいですね。

あとは、軟便の状態・色・回数などから見分けてみてください。
ひとつでも当てはまれば、何かしらの異常があると言えますので病院へ連れて行きましょう。

  • ゼリー状(粘液が付着してる)
  • 黒っぽいタール状
  • 黄色っぽい
  • 形が平べったい
  • 血が混じっている
  • 回数が異常に多い(正常だと3回前後)

もし軟便というより水っぽい下痢になっている場合は、こちらの記事の方が参考になるかもしれません。

あと病院に行く前に、愛犬の状況だけはメモをしておきましょう。
獣医師さんが診断する際の重要な情報になります。

  • 軟便はいつから?
  • 軟便をした時間・量・回数は?
  • どんな形・色だった?
  • 食べたもの(フードやおやつ)は?
  • 症状に変化はあったか?
  • 軟便以外に変わった点は?

ぽん

可能であれば、軟便をビニール袋などに入れて病院へ持っていってください。
持っていくのが難しければ、ウンチの写真を撮っておくといいですよ。

犬が軟便になる原因

犬が軟便になる原因

ワンちゃんが軟便をしてしまう原因は様々です。

お腹に直接関わる食べものが原因としては一番多く、生活環境、ストレス、病気などから引き起こされます。
思い当たる点がないか一度確認してみてください。

原因さえ分かれば適切な対処ができるので、早く改善してあげられます。

  • 食べすぎ・飲みすぎ・早食い
  • 水分摂取量が多い(水っぽいものの食べすぎ)
  • 消化不良(消化の悪いドッグフード・おやつなど)
  • お腹の冷え・夏バテ
  • 運動不足
  • ストレス(スキンシップ不足など)
  • 中毒性のものを食べた(緊急性あり病院へ)
  • 異物の誤飲(緊急性あり病院へ)
  • 病気(緊急性あり病院へ)

ぽん

病気や中毒性・異物の誤飲による原因以外は、自宅ケアで軟便は治せます!
家族内でも思い当たることがないか共有しましょう。

今すぐできる軟便の予防対策

今すぐできる軟便の予防方法

軽度な軟便は飼い主さんが意識さえすれば予防できます。

すでに軟便になってる時の対処法ともいえますので、こちらの点を注意してみてください。

  • 食べすぎ・飲みすぎ・早食いさせない
  • 初めて食べるもの(フードやおやつ)は少量ずつ試す
  • おやつや人間の食べものは与えない
  • 散歩中の拾い食いをさせない(雑草なども)
  • 適度な運動をさせる(1日1時間が推奨)
  • 部屋を快適な温度設定にする
  • ストレスを与えない(生活環境・スキンシップ)
  • 誤飲しそうなものを届くところに置かない

一度に全部を行う必要はありません。
思い当たるところからひとつずつ試しては様子をみて、原因も特定してみてください。

犬の軟便によくある質問

ワンちゃんの軟便に関してよくある質問をまとめてみました。

軟便の時はご飯をどうしたらいい?

消化がよくなるようにご飯を工夫してあげるとよいです。フードをふやかす、量を減らす、回数を分けるなど。

元気であれば、胃腸を休ませるためにも半日〜1日程度の絶食させるのも効果的です。

あと、そもそも消化の悪いドッグフード(安くて穀物中心のもの)を食べさせていたなら、消化吸収を考えられたフードに替えることも考えてみてください。

> 軟便におすすめのドッグフードはこちら

軟便をしたら絶食すべき?

胃腸を休ませるためには効果的ですが、原因によっては絶食しなくてもいいこともあります。(ストレスや病気など)

軟便の様子をみるために半日〜1日程度は試してみるといいかもしれません。

「ビオフェルミン」が効くって聞くけど使っていいの?

人間用の整腸剤「ビオフェルミン」は腸内環境を整えてくれる効果がありますので、犬の軟便にもいいです。
ビオフェルミンは犬に使用しても安全ですし。

ただし、念のために獣医師さんへ相談してみたほうが良いですね。

【まとめ】犬の軟便はお腹に優しくすれば改善できる

【まとめ】犬の軟便はお腹に優しくすれば改善できる

犬が軟便した時の対処法から病気の見分け方、原因から予防対策まで解説しました。

軟便が少し続いていたとしても元気で他に症状がないのであれば、そこまで心配することはないかと思います。

最後に軟便の対処法・予防方法を簡単にまとめました。

  • 消化のよい食べものにする
  • 適度な散歩・運動させる
  • 快適な生活環境にしてあげる
  • スキンシップをたくさんする

もちろん、軟便以外に異常な症状があれば油断は禁物です。

軟便に限らずワンちゃんの変化を見逃さないために、健康状態は常にチェックしてあげることが大切です。

ぽん

最後まで読んでいただきありがとうございます(*´ω`*)
軟便だけなら軽い症状とみれますが、何か気にかかることがあれば必ず病院で診てもらってください。

\ ドッグフード選びに悩んでいる方へ /

ドッグフード選びに悩んでいる方へ

ドッグフードを総合的に評価して、ランキング形式でご紹介しています。
ドッグフード選びに悩んでいる方は、ぜひ参考にどうぞ!
 最新おすすめドッグフードランキング