【放置NG】犬が便秘になる原因と解消方法!食事と運動で予防すること | ファミペット
犬と健康

更新

【放置NG】犬が便秘になる原因と解消方法!食事と運動で予防すること

【放置NG】犬が便秘になる原因と解消方法!食事と運動で予防すること

飼い主

2日間も便秘でウンチが出ない…。お腹も苦しそうだし病院に行くべきかな…。便秘を解消するにはどうすればいいの?

便秘で辛そうにしているワンちゃんはなんとかしてあげたいですよね。

人間にはよくあることなので軽く見がちですが、ワンちゃんにとって便秘という症状は大きな問題なんです。

なぜなら、便秘の裏で命にも関わる病気が隠れているかもしれないから。
そうした緊急性のある便秘は、ワンちゃんの身体の変化からいち早く見分けることが大切です。

こちらの記事では便秘の症状・原因から解消方法、便秘に良い食べ物や予防方法までまとめてみました。

ぽん

犬の便秘のことを正しく知っておけば、苦しい便秘を繰り返さないようにできますよ。

犬の便秘は何日から?症状と原因

犬の便秘は何日から?症状と原因

犬は2日間もウンチが出てなければ便秘と言えます。

正常な状態だと1日あたり平均1〜3回ほどウンチをするはずなので、何かしらの原因で便がお腹に溜まってしまっています。
出ているとしても量が少ない、硬い、コロコロしているのは便秘の前兆。

もし、3日間以上ウンチが出ていない場合は、腸が詰まっている可能性があるのですぐに病院で受診しましょう。

犬の便秘の症状

犬の便秘の症状

便秘といっても、ただウンチが出ない以外に様々な症状がみられます。
便秘の症状をまとめてみました。

水分が少ないウンチが出る

便秘になると便が水分をあまり含まないため、硬く黒いウンチが出ます。
また、食べたご飯の量と比べてみても、ウンチの量は明らかに少ない。

正常なウンチなら掴んで押しつぶせるくらいの硬さで、色も黄土色や茶色です。

お腹が膨れている

便秘でウンチが溜まっているのでお腹が不自然に膨れます。
左下腹部あたりを触ってみて、ゴツゴツとした感触があればウンチが溜まっている証拠です。

犬も痛みや違和感を感じているので触られることを嫌がったりします。

食欲の低下

便秘だとお腹にウンチが溜まっているので、食欲の低下がみられます。
食欲はあっても少ししか食べれないことも。

もし、嘔吐もあったら病気も考えられるので病院で診てもらってください。

しぶりがみられる

「しぶり」とは何度も何度もトイレに行って、ウンチの姿勢はするけど何も出ない・少ない状態です。

排便時に痛みを伴うので、鳴きながらトイレをすることがあります。

奇異性の下痢

腸内に溜まったウンチの隙間を抜けて、腸の水分や粘液が出てしまう症状です。
500円玉くらいの粘液量が見られると要注意。

普通の下痢と勘違いしやすいですが、放置すると危険なので早急に病院へ行ってください。

犬が便秘をする原因

犬が便秘をする原因

犬が便秘をするのは大きく分けて2つです。

  • 何かしらの原因で便が詰まって出てこない
  • 食事量の低下で便が作られていない

食事量の低下による便秘は食べないことの方が問題なので、便秘の解消というより食欲を改善することが必要です。

気になるのは便が詰まって出てこない場合。
考えられる便秘の原因をまとめてみました。

【原因1】水分不足

冬の寒い時期やあまり水が飲んでいないと便秘になりやすいです。

ウンチは食べ物のカスや腸内細菌、老廃物、水分からできています。
水分を摂りすぎると下痢になるように、水分が少なすぎると逆にウンチが硬くなってしまいます。

出にくい硬いウンチがお腹に溜まり、便秘の原因になるのです。

【原因2】運動不足

運動をあまりしていないと便秘になりやすくなります。
運動不足だと消化機能がうまく働かず、腸内環境が悪化するからです。

【原因3】ストレス

ワンちゃんは繊細なので、生活環境が変わるだけでもストレスを感じやすいです。
ストレスを感じると便秘や身体に様々な症状があらわれます。

以下のようなことがあると、ストレスを溜めちゃっているかもしれません。

  • 引っ越しや部屋の模様替え
  • 長時間のお留守番
  • 運動不足
  • 食事や散歩の時間を大幅に変える
  • よく怒られる
  • 頻繁に病院へ行っている

【原因4】トイレの環境が悪い

環境というよりトイレが嫌い・苦手と感じていると便秘になることがあります。
トイレが嫌いだから我慢してしまっているのでストレスにも。

トイレトレーニングなどで怒られた、嫌な思い出がある、トラウマなどを抱えていると起きやすいと言われています。

【原因5】外でしかウンチしない

散歩中や外でウンチをすることは正常ですが、家の中ではしないとなると便秘になりやすくなります。
外に行くまでウンチを我慢してしまうからです。

我慢することが多くなると、慢性的な便秘になる可能性もあります。

【原因6】ドッグフードの質・相性

食べているもので便秘になっているパターンです。
消化の悪い食材を使っている、添加物を使っているドッグフードを食べていると老廃物も溜まりやすく便秘になります。

消化しにくい穀物中心の安いドッグフードを食べさせていないでしょうか。

便秘を解消するための5つの方法

便秘を解消するための5つの方法

便秘の原因から考えられる解消方法は5つあります。

  • 水分をよくとる
  • 適度な運動
  • お腹のマッサージ
  • 生活環境の改善
  • 食事の改善

ちなみに薬や浣腸などで強制的に出させるのは最終手段。
素人判断でやるのは危険なので、必ず獣医師さんの指示で行ってください。

【解消法1】水分をよくとる

水分不足が便秘の原因となるので、水分をよく摂って便を柔らかくすると効果的です。

無理やり飲ませることはさせず、ドッグフードに水分(お湯・ミルク・スープ)を足して自然に飲んでくれるようにするとよいですね。

【解消法2】適度な運動

便秘に限らず、運動不足は病気の元です。
適度な運動をさせてあげると、消化機能やぜん動運動(腸の運動)の促進、胃腸の働きを高める副交感神経が活発になり便秘解消につながります。

ワンちゃんの健康には運動が欠かせません。
1日1時間くらいの散歩が運動量としては最適とされています。

また、肥満から便秘になることもあるので、太っている子はダイエットすることで解消できます。
良いことづくめの運度ですが、激しい運動をさせてしまうと関節炎や骨折にもなりかねますので、適度が大切です。

【解消法3】お腹のマッサージ

犬のお腹をマッサージすることで腸の動きを助けることができます。

まず、ワンちゃんを仰向けにします。
そして温めた手で時計回りに円を描くように、優しく撫でてあげてください。

お腹はデリケートなので強く押さないでくださいね。

【解消法4】生活環境の改善

ワンちゃんにストレスを感じさせないことが大切です。
まず、生活環境やリズムをあまり変化させないこと。

そして、運動も兼ねて一緒に遊ぶ。
スキンシップの時間を作る。
トイレが上手にできたら褒める。

ちょっとした気遣いだけでもワンちゃんのストレスを軽減できます。

【解消法5】食事の改善

そもそも消化の悪い食生活を送っていると、慢性的な便秘になりかねます。
腸内環境を改善することが便秘解消の鉄則なので、食事から改善することが大切です。

具体的な改善方法としては、以下のようなことを試してみてください。

フードを人肌まで温める
温めることで食欲も増し、消化にも良くなります。

フードに水分を足す
柔らかくすることで消化もしやすく水分補給にもなるので一石二鳥。

消化を助ける食材をトッピングする
腸内環境を助ける食材をトッピングすると便秘にも良いです。食欲も刺激できます。

良質なタンパク質を選ぶ
良質なタンパク質(肉・魚)は消化吸収がよくなるので、腸内環境を改善できます。消化のしにくい穀物中心のドッグフードはNG。

元気がなくてご飯も食べない場合は、病気の可能性があるのでまず病院で診てもらってください。

便秘におすすめのドッグフード

腸内環境を整えてくれるおすすめドッグフードをご紹介します。
便秘の解消・予防にはお腹にやさしいドッグフードを選んであげることが大切です。

いぬはぐ

おなかのことを考えて作られた総合栄養食ドッグフードです!
乳酸菌・オリゴ糖が入っているのが特徴で、腸内環境を整えられるから便秘気味のワンちゃんにぴったり!

子犬からシニア犬まで食べさせられます!

犬心―消化器ケア―

命に関わるリスクもある腸の病気を予防するために、胃腸にベストな食事として作られたのが『犬心―消化器ケア―』

栄養素・消化率が高いので、胃腸トラブルの改善に効果的な特別療法食です!

便秘に効果的な食べ物

便秘に効果的な食べ物

お腹にいい食べ物を摂ることで便秘解消が期待できます。
どれも食べ過ぎはよくないので、少量ずつが基本です。

ヨーグルト
ヨーグルトに含まれる乳酸菌が腸内環境を整えてくれます。甘みがあるので食欲も促進効果も。必ず無糖のものを選んでください。

オリゴ糖
腸内の善玉菌を増やすことで腸内環境を正常にしてくれます。純度100%のものを少しかける程度で与えてみてください。

バナナ
繊維質とフラクトオリゴ糖が豊富に含まれているので、便秘に効果があります。

キャベツ
食物繊維が豊富で抗酸化作用もあるため、胃腸の働きをよくしてくれます。サッと茹でてあげると食べやすいです。

サツマイモ
キャベツと同じく食物繊維が豊富で甘みがあるため食欲も増します。糖分が高いため肥満気味の子には控えめに。

オリーブオイル
オレイン酸という腸内を刺激する成分を含みます。また、ウンチに油分を吸収させることで排便しやすくできます。下痢の原因にもなるので、与える際は獣医師さんに相談してください。

ハーブ
西洋タンポポやローズヒップはウンチを緩くする作用があります。ハーブティーや粉末をご飯にまぜて与えると効果的です。ただし、体質にもよるので与える前に獣医師さんへ相談してください。

便秘の原因となる危険な病気

便秘の原因となる危険な病気

人間だと便秘は軽く見られますが、犬の場合は命に関わる病気につながります。
どんな病気でも病院で検査をして、早期に発見することが大切です。

便秘の原因となる病気をまとめてみました。

食欲低下 病気の初期症状として多いのが食欲低下。
便が作られずに出ない状態ではあるが、便秘より食欲低下の原因を探るべき。
癌、腫瘍 消化管・腹腔内の腫瘍によって圧迫を起こして腸が閉塞している。
細くなったり平べったかったり潰されているウンチが出る。
前立腺肥大 未去勢のオス(6歳以上)にみられ、前立腺が肥大する症状。
直腸が圧迫されて便秘を起こしやすくなる。
会陰(えいん)ヘルニア おしり周囲の筋肉が薄くなり、消化管が筋肉の隙間に逸脱していることで腸閉塞を起こしている。
早めの治療が必要。
椎間板ヘルニア 椎間板によって脊椎が圧迫される症状。
痛みや麻痺があるので、排便が困難になってしまうことがある。
巨大結腸症 肥大化した結腸に便が溜まって膨張・機能不全を起こしている症状。
慢性の便秘になりやすい。
異物の誤飲誤食 消化できない異物が詰まって消化菅の閉塞を起こしている可能性がある。
詰まっているので食べても吐くことがあり、手遅れになると腸が壊死するので早急な治療が必要。
老犬の便秘 免疫力や筋力の低下で排便ができずに便秘になっている可能性も。
消化機能も低下しているので、食事から改善が必要になる。

普段の生活による便秘の予防方法

普段の生活による便秘の予防方法

便秘を予防するには普段の生活から見直すことが大切です。
具体的には以下のような点を気にかけてみてください。

  • 快適な生活環境にする
  • 積極的に水分を摂らせる
  • 適度な運動をさせる
  • 食生活を良くする
  • スキンシップ
  • ウンチの状態を把握する
  • 定期的な健康診断

犬は話すことができないので、体調が悪くても訴えることができません。
ですが、ちょっとしたしぐさなどでサインは出しています。

そうしたサインを見落とさないように、飼い主さんが愛犬の様子や排便・排尿の状態を普段から把握しておくことが病気予防の第一歩です。

【まとめ】犬の便秘は普段からの予防が大事

【まとめ】犬の便秘は普段からの予防が大事

犬の便秘の原因から解消・予防方法まで解説しました。
食生活による偏りや運動不足がないよう普段から注意することで便秘は予防できます。

また、病気の症状として便秘を起こしている可能性もあります。
便秘以外に何か異常な症状がないか、普段との変化をきちんと見分けて対処することが必要です。

愛犬の健康のために、毎日の身体・排便チェックは心掛けるようにしてあげてください。

\ ドッグフード選びに悩んでいる方へ /

ドッグフード選びに悩んでいる方へ

ドッグフードを総合的に評価して、ランキング形式でご紹介しています。
ドッグフード選びに悩んでいる方は、ぜひ参考にどうぞ!
 最新おすすめドッグフードランキング