子犬のおすすめドッグフードランキング決定版!健康のために餌選びが最重要! | ファミペット
犬コラム

更新

子犬のおすすめドッグフードランキング決定版!健康のために餌選びが最重要!

子犬のおすすめドッグフードランキング決定版!健康のために餌選びが最重要!

飼い主

子犬のドッグフードはたくさんあってよく分からない…。どれがおすすめなの?どうやって選べばいいの?

おウチに子犬(パピー)を迎えて最初に悩むことはドッグフード選びですよね。
成犬用と何が違うの?子犬用ならどれでもいいの?と疑問に思うことはたくさんあると思います。

まず、子犬は成長期ですので、身体の基礎となるご飯(ドッグフード)選びはかなり重要。

安全で健康的なドッグフードを子犬の頃から食べさせていれば、将来的にも病気にかかりにくくなるからです。

とはいえ、数多くのドッグフードがあるのでどれがいいのか分からないですよね…。

そこで今回の記事では、子犬の餌の選び方とおすすめの子犬用ドッグフード(市販・通販)をまとめてみました。

ぽん

子犬には悪いものを食べさせたくないですよね!
悩ましいドッグフード選びの参考になれたら幸いです!

子犬におすすめなドッグフードの選び方【3つのポイント】

子犬におすすめなドッグフードの選び方【3つのポイント】

ドッグフード選びは難しく感じるかもしれないですが、たった3つのポイントを押さえて見分ければ大丈夫です。

  • 【その1】肉・魚中心の良質なタンパク質を使っている
  • 【その2】消化しにくい食材を使っていない
  • 【その3】余分な添加物を使っていない

ぽん

それぞれのポイントを解説していきますね!

【その1】肉・魚中心の良質なタンパク質を使っている

子犬の成長に最も重要なのは動物性タンパク質(肉・魚)です。

なぜなら、タンパク質はワンちゃんの身体(筋肉、血、骨、皮膚、被毛など)を作る大切な栄養素。

成長期である子犬に良質なタンパク質を食べさせてあげていないと、大事な成長を妨げてしまいます。(筋肉が弱くなる、骨が細くなる、毛並みが悪くなるなど)

特に子犬は成犬の2倍もの栄養が必要です。
穀物中心ではなく、必ず動物性タンパク質(肉・魚)がメインのドッグフードを選んであげてください。

  • 肉・魚類がメイン食材(鶏肉、サーモンなど)
    〇〇ミール、〇〇パウダー、家禽(かきん)など不明確な肉類を使っていないこと。
  • 脂質は明確な動物名
    鶏油やサーモンオイル、ココナッツオイルなど。「動物性脂肪」など何の動物か分からないものはNG。
  • 食材の産地がきちんと書かれている
    公式サイトで確認すること。安いフードは産地が不明なものが多い。

ぽん

ちなみに市販の安いドッグフードは穀物(植物性タンパク質)中心がほとんどです…。

【その2】消化しにくい食材を使っていない

子犬は消化器官が未熟なため、お腹に負担のかからないようにすべきです。

消化しにくい食材の代表格は「穀物」。
穀物は栄養素として優れていますが、ワンちゃんは消化が苦手とされています。

穀物を大量に摂取すると消化不良で下痢や軟便になってしまうので、子犬には少なめか不使用(グレインフリー)が適切ですね。

また、粗悪な品質の原材料も消化に負担がかかるので、ヒューマングレード(人間の食品レベルと同じ)のドッグフードがおすすめ。

  • 穀物は「少なめ」か「不使用」
    穀物は消化しにくいため、消化器官が未熟な子犬には少なめが安全。
  • 小麦、とうもろこし、大豆は避ける
    食べても問題ないがアレルギーになりやすいとされているので、避けるのが無難。
  • 繊維質(ビートパルプ・セルロース)を使っていない
    腸内環境を整える働きがあるが子犬には不要。

ぽん

ヒューマングレードはお店には滅多に置いていないので、通販のドッグフードがおすすめです。

【その3】余分な添加物を使っていない

子犬に限らず、犬にとって添加物は害にしかなりません。

添加物を食べてもすぐ病気になるわけではありませんが、ワンちゃんの体内で少しずつ蓄積されています。
それが将来、重い病気の原因になる可能性があるのです。

実際に発ガン性のある添加物も使われているのが現実です。(大手メーカー品も平然と使ってます)
健康被害のない安全な基準量で使っているとしても、それなら入っていない方がいいに決まってますよね。

どの添加物も安全とはいえないので、できれば無添加のドッグフードを選んであげてください。

  • 着色料や香料、保存料などを使っていない
    よく分からない添加物が入っていたら避けること。
  • 酸化防止剤は自然由来のものを使っている
    自然由来のミックストコフェロール(ビタミンE)、緑茶抽出物、ローズマリー抽出物ならOK。

市販・通販の子犬用ドッグフードを徹底比較!

さて、本題である子犬用ドッグフードを選ぶために、先ほどの3つのポイントを基準に比較してみました。

分かりやすいようにお店で買える市販品と、通販でしか買えない通販品(プレミアムドッグフード)で比較しています。

市販されている子犬用ドッグフードを比較

ぽん

こちらはスーパーや薬局、ホームセンター、ペットショップなどで買える市販品です。

※ 平均価格順

1kgあたり
平均価格
主原料 穀物 添加物
ペディグリー 471円 × × ×
ピュリナワン 537円 △ × ◎
アイムス 548円 × × ×
ヒルズ 765円 × × ◎
スーパーゴールド 1,189円 △ × ○
ニュートロ 1,323円 △ △ ◎
アーテミス 1,611円 ○ ○ ◎
ナチュラルハーベスト 1,698円 △ ○ ◎
ロイヤルカナン 1,719円 △ × ×
ナウフレッシュ 1,893円 ○ ○ ○
ソルビダ 2,129円 ○ ○ ◎
ユーカヌバ 2,297円 ○ × ◎
オリジン 2,656円 ◎ ◎ ◎
アカナ 2,785円 ○ ◎ ◎
  • ※ 価格は全容量の1kgあたりの平均価格です
  • ※ すべて子犬用のシリーズで比較しています

市販品は安ければ安いほど中身はお粗末ですね…。
ほとんどの大手メーカーや有名商品は安いだけで品質が低いことが分かります。

特に気になったのが愛犬家に大人気の「ロイヤルカナン」。価格の割に良い点がなくて、ひどい有様です…。

市販品でまともにおすすめできるドッグフードだったのは、「オリジン」くらいしかないという結果でした。

ぽん

子犬の健康を考えるのであれば、激安の市販品だけは避けてください。

通販されている子犬用ドッグフードを比較

ぽん

こちらは公式サイトやAmazonなどの通販でしか買えないプレミアムドッグフードです。

※ 平均価格順

1kgあたり
平均価格
主原料 穀物 添加物
アランズナチュラル 1,980円 ◎ ○ ◎
カナガン 1,980円 ◎ ◎ ◎
モグワン 2,200円 ◎ ◎ ◎
ファインペッツ 2,263円 ○ ○ ◎
馬肉自然づくり 3,000円 ◎ △ ◎
このこのごはん 3,500円 ◎ ○ ◎
  • ※ 価格は全容量の1kgあたりの平均価格です
  • ※ すべて全年齢(ライフステージ)に対応してます

さすがプレミアムドッグフードと言われるだけあって、通販品はどれも文句なしの高品質です。

価格が高いと言っても、市販で唯一まともだった「オリジン」より安いものもありますし、厳重な品質管理がされている通販のほうが断然安心。

あと、市販のドッグフードは鶏肉ばかりですが、通販は肉の種類が豊富に揃っているのでワンちゃんにいろんなお肉を食べさせてあげられるのも利点ですね。

  • ラム肉(アランズナチュラル)
  • 鶏肉(カナガン)
  • 鶏肉&サーモン(モグワン)
  • 鶏肉&鹿肉(ファインペッツ、このこのごはん)
  • 馬肉(馬肉自然づくり)

ぽん

価格にそこまで差がないですし、ドッグフードは市販より通販が断然おすすめですね。

【決定版】本当におすすめの子犬用ドッグフードランキング

数多くのドッグフードを比較してみて、本当におすすめできる子犬用ドッグフードを市販・通販別でまとめてみました。

【市販】おすすめドッグフード3選!

オリジン パピー

1kgあたり
平均価格
主原料 穀物 添加物
2,656円 ◎ ◎ ◎
内容量 340g / 2kg / 5.9kg / 11.3kg
主原料 新鮮鶏肉, 新鮮七面鳥肉
穀物 なし
カロリー 408kcal/100g
原産国 アメリカ

オリジンは市販の中ではトップクラスのドッグフード。

動物性タンパク質(鶏肉、七面鳥、ウォールアイ、ニシン)を80%も使用。新鮮なタンパク質と脂肪がぎっしりと詰まっています。
栄養がたくさん必要な子犬にも最適ですね。

ただ、取り扱っているお店(主にペットショップ)が限られているのが少し難点。

アーテミス フレッシュミックス スモールブリードパピー

1kgあたり
平均価格
主原料 穀物 添加物
1,611円 ○ ○ ◎
平均価格 1,611円
内容量 1kg / 3kg / 6.8kg
主原料 フレッシュチキン・ドライチキン・フレッシュターキー
穀物 玄米
カロリー 368.7kcal/100g
原産国 アメリカ

アーテミスは価格と品質とのバランスが優れています。

子犬のために消化吸収率の高い独自製法で作られた「フレッシュ・ドライ」のお肉を使っているのも特徴的です。

市販の中では一番コスパが高いと言えますね。

ソルビダ 室内飼育子犬用(インドアパピー)

1kgあたり
平均価格
主原料 穀物 添加物
2,129円 ○ ○ ◎
内容量 900g / 1.8kg / 5.8kg
主原料 オーガニックチキン生肉
穀物 なし
カロリー 370kcal/100g
原産国 アメリカ

ソルビダはオーガニック原料を贅沢に使用しているドッグフードです。

オーガニックのため、ホルモン剤や抗生物質、添加物も使用していないので、安心して子犬に食べさせられます。

また、栄養をたくさん必要とする妊娠中・授乳中の母犬にも最適です。

【通販】おすすめドッグフード3選!

モグワン

1kgあたり
平均価格
主原料 穀物 添加物
2,200円 ◎ ◎ ◎
内容量 1.8kg
主原料 チキン&サーモン
穀物 なし
カロリー 344kcal/100g
原産国 イギリス

手作り食のレシピから作られたモグワンドッグフード。

チキンとサーモンがメイン食材として一緒に入っているので、子犬の成長に必須のアミノ酸・脂肪酸が豊富に含まれています。

肉・魚だけに限らず、野菜、果物、海藻もバランスよく摂れるので、一番おすすめしたいドッグフードですね。

ファミペット読者限定!
\ 初回半額キャンペーン実施中! /

カナガン

1kgあたり
平均価格
主原料 穀物 添加物
1,980円 ◎ ◎ ◎
内容量 2kg
主原料 骨抜きチキン生肉、乾燥チキン
穀物 なし
カロリー 361.25kcal/100g
原産国 イギリス

言わずと知れた人気のカナガンドッグフード。

タンパク質・脂質・炭水化物がちょうどいいバランスで作られているので、子犬にもおすすめです。

通販(プレミアムドッグフード)の中ではコスパが一番高いですね。

このこのごはん

1kgあたり
平均価格
主原料 穀物 添加物
3,500円 ◎ ○ ◎
内容量 1kg
主原料 鶏肉(ささみ・レバー)
穀物 大麦、玄米
カロリー 342kcal/100g
原産国 日本

国産のドッグフードじゃないと不安と感じる方には「このこのごはん」がおすすめです。

原材料はもちろん厳選された国産品で栄養満点です。

他と比べて少しお高めですが、その分「さすが国産!」と言えるほど高品質です。

子犬がドッグフードを食べないときの対処は?

子犬でもドッグフードを食べてくれない・残してしまうということがあります。

量が多すぎるのか、食べにくいのか、警戒して食べないのか、原因は様々ですが、下記の対処法で食べてくれるか試してみてください。

食べないときの対処法

  • 1回分の量を減らす
  • フードをお湯でふやかす
  • 手から食べさせて安心させる

フードをお湯でふやかすと香りや風味が増しますし、柔らかくて子犬でも食べやすくなるのでおすすめです。

詳しいふやかし方についてはこちらの記事を参考にしてみてください。

子犬の餌の適切な量・回数は?

ドッグフードによって栄養バランスやカロリーが異なるので、与える量はどのフードも違います。

基本的にはフードの袋に書かれている給与量を目安にあげてください。(月齢と体重で目安量が計算されています)

また、子犬の食事回数は消化器官が未熟ですので、多めに分けてあげたほうが負担がかかりにくなります。

1回にたくさん食べてしまうと消化不良を起こして下痢や軟便になってしまいますからね。

月齢別の食事回数(目安)

生後1ヶ月〜3ヶ月 1日 4〜5回
生後3ヶ月〜6ヶ月 1日 3〜4回
生後6ヶ月〜10ヶ月 1日 2〜3回
生後10ヶ月〜12ヶ月 1日 2回

食事回数に決められた基準はありませんが、ウンチが緩ければ回数を増やしたり、成長に合わせて減らしたりと調節してみてください。

子犬用から成犬用へ切り替えるタイミングはいつ?

子犬が成長してきたら、ドッグフードも合わせて成犬用に切り替えないといけません。(全年齢対応は量を変えるだけでOK)

子犬用は栄養やカロリーが高いので、成犬になってもそのまま食べ続けていると栄養を摂りすぎて太ります。
また、子犬用は粒が小さめに作られているので成犬には食べにくいですし。

個体差はありますが、下記の時期を目安に切り替えてあげてください。

切り替える時期の目安

小型犬 生後6~9ヶ月
中型犬 生後10〜12ヶ月
大型犬 生後18ヶ月〜

【まとめ】悩ましい子犬のドッグフード選びの参考に!

【まとめ】悩ましい子犬のドッグフード選びの参考に!

子犬の餌の選び方から、おすすめできる子犬用ドッグフードを市販・通販別でご紹介しました。

選び方のポイントだけおさらいしますね。

  • 【その1】肉・魚中心の良質なタンパク質を使っている
  • 【その2】消化しにくい食材を使っていない
  • 【その3】余分な添加物を使っていない

子犬用だけでもドッグフードは種類がいっぱいあるので、選ぶのはホント大変ですよね。

それでも犬の健康も食生活が一番重要ですので、今回の記事を参考にたくさん考えてあげてくださいね。

ぽん

最後まで読んでいただきありがとうございます(*´ω`*)
今回おすすめしたドッグフードはどれも甲乙つけがたいものばかりなので、ワンちゃんに合わせて自由に選んでみてください!

\ ドッグフード選びに悩んでいる方へ /

ドッグフード選びに悩んでいる方へ

ドッグフードを総合的に評価して、ランキング形式でご紹介しています。
ドッグフード選びに悩んでいる方は、ぜひ参考にどうぞ!
 最新おすすめドッグフードランキング