【保存版】キャットフードの添加物は絶対悪!危険物の種類と確認すべき1つのこと! | ファミペット
猫と健康

更新

【保存版】キャットフードの添加物は絶対悪!危険物の種類と確認すべき1つのこと!

【保存版】キャットフードの添加物は絶対悪!危険物の種類と確認すべき1つのこと!

突然ですが、愛猫の毎日の食事に危険な添加物が入っていることを知っていますか?

私たち人間の食べ物にも添加物がよく使われていますよね。
キャットフードにも同じように添加物が使われているんですが、意識して購入している飼い主の方はまだまだ少ないのが現状です。

ぽん

添加物がたくさん使われている食事を毎日食べていると、人間や猫は関係なく病気のリスクがあるのは想像できると思います。。

特に激安キャットフードは添加物をたくさん使っているので要注意です!
ハンバーガーのような添加物たっぷりのファストフードを毎日食べさせているようなもの。

愛猫にそんな食生活はさせたくないものですよね。
とはいえ、添加物名を見ても危険なのか分かりにくいものがたくさんあります。

そこで、今回の記事では「危険な添加物ってどれ?」という方に、キャットフードで使われている「危険な添加物の種類」「愛猫のために確認すべき1つのこと」を解説していきます。
また、最後に危険な添加物の入っていない「無添加のおすすめキャットフード」もご紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

ぽん

こちらの記事を読んでもらうことで、大切な猫ちゃんのために少しでも意識してもらえると幸いです。

キャットフードに含まれる添加物の危険性とは?

キャットフードに含まれる添加物の危険性とは?

キャットフードに含まれている添加物は、猫にとっても危険なのですが、
「添加物の入っているキャットフードを今まで食べさせていたけど、うちの猫は健康だよ?」
と思われる方は多いかと思います。

しかし添加物を食べていると身体の中で徐々に蓄積されて、将来的に病気が発症するリスクがあるのです。
つまり、食べてすぐに何かの症状が出るわけではないのが、危険な添加物の本当の恐ろしいところ。

簡単にですが、危険な添加物によって引き起こされる代表的な病気をまとめてみました。
下記以外でも様々な病気の要因になります。

また、症状が出るのが早い猫ちゃんだと、餌によってはすぐ下痢や血尿といった病気の初期症状が出ることもありますので、注意して見てあげてください。

【添加物によるリスクのある病気】

  • ・がん
  • ・腎不全
  • ・アレルギー
  • ・肥満
  • ・糖尿病
  • ・尿路結石
  • ・甲状腺の病気

ぽん

私もキャットフードの添加物を意識していなかったときは、うちの愛猫も上記のような病気になったことがあります。。

キャットフードのタイプによって添加物の傾向

キャットフードのタイプによって添加物の傾向

実はキャットフードのタイプ(ドライ・ソフト・ウェット)で添加物量に傾向があります。
タイプ別に分かりやすく簡単にまとめてみました。

タイプ 特徴 添加物量
ドライフード 一般的なキャットフード。カリカリという愛称も。
水分量は10%程度以下。
少なめ
セミモイスト・ソフトドライ ドライフードよりしっとり感を加えたキャットフード。
水分量は25~35%程度。
多い
ウェットフード 主に缶詰やパウチ系のキャットフード。
水分量は75%程度。
多い

ぽん

基本的に水分量が多いと、品質維持するための添加物が多く使われている傾向ですね。
とはいえ、ドライフードでも余分な添加物を使っていることもありますので、どちらにしても要注意です。

【保存版】危険な添加物リスト・種類

それでは、どれが危険な添加物なのか解説していきたいと思います。
実際のキャットフードで使われている添加物を「危険なリスト」としてまとめてみました。

愛猫に安全なキャットフード選びの参考にしてもらえたら幸いです。

ぽん

もし今食べさせているキャットフードが手元にあれば、添加物が入っていないか確認してみてください。

着色料

着色料はキャットフードに色を付けるために使用されている添加物です。

猫は赤色を見分けることが苦手なため、基本的に青色・緑色の世界で見えています。
また、猫は食べ物を色ではなく匂いで判断しています。
それなのに美味しく見せるための着色料を入れているのはなぜでしょうか?

答えは飼い主に美味しく見せるようにする”だけ”のため。

つまり、着色料は猫のためには使っていない全く必要のない添加物なんです。
そんなキャットフードの着色料は、石油やタールから作られる「食用タール系色素」という、健康リスクのある合成着色料が主に使われています。

赤色○号
(赤色合成着色料)
発ガン性、アレルギー、甲状腺の異常
青色○号
(青色合成着色料)
アレルギー、ウイルス過敏反応
緑色○号
(緑色合成着色料)
病気のリスクは確認されていない
黄色○号
(黄色合成着色料)
発ガン性、アレルギー、喘息
二酸化チタン 発ガン性、不妊・妊娠合併症

発色剤

発色剤はキャットフードの赤色を鮮やかにするために使用されている添加物です。
身近なものとしてハムやソーセージの発色に使われることが多い添加物なのですが、肉臭を取ったり、ボツリヌス菌の増殖を抑制する効果もあります。

とはいえ、着色料と同様にキャットフードは色を調整する必要ありませんし、発ガン性の可能性があるので、愛猫には安心して食べさせられませんね。

亜硝酸Na、
亜硝酸ナトリウム
肉や魚のアミンと反応して発ガン性物質に変化

保存料

保存料はキャットフードのカビや細菌を抑えるために使用されている添加物です。
長期間かけて1袋を開けることが多いキャットフードですので、保存料を入れることで安全性を保っているとも言えます。
しかし、人間の食品と違いキャットフードは規定が緩いためその配合量が心配されます。

ソルビン酸系、
ソルビン酸カリウム
発ガン性、遺伝子を傷つける毒性

酸化防止剤

酸化防止剤はキャットフードの酸化・劣化を抑えるために使用されている添加物です。
酸化防止剤にも様々な種類がある中で、わざわざ強力な酸化防止剤(化学添加物)を使わないといけないような、粗悪な原材料を使っている可能性があります。

エトキシキン 発ガン性のリスク
BHA 甲状腺がん、膀胱がん、肝臓の障害
BHT 発ガン性、やせ細る、脱毛
没食子酸プロピル 発ガン性、肝臓の損傷

特に注意が必要なのは、「エトキシキン」という非常に強力な酸化防止剤。
私たち人間の食品添加物としても農薬としても、毒性が強いため使用を認められていません。

ただし、家畜や魚の飼料への添加だけ認められています。
エトキシキン入りの餌を食べさせている家畜や魚を、キャットフードの原材料として使用している場合があるのです。

判断が難しいのは、キャットフードには直接添加していないため、原材料に「エトキシキン」が表記されていないこと。
そのため、エトキシキンが使われているのか分からないのですが、安くて粗悪な原材料を使っている激安キャットフードは、残留している危険性があることだけ意識してください。

自然由来の酸化防止剤は安全

酸化・劣化してしまったキャットフードを食べさせてしまうと、余計に猫の身体によくありません。
そのため、酸化防止剤はある程度必要なのですが、BHAやBHTのような化学添加物を使う必要はなく、自然由来の材料で代用することができます。

ぽん

下記のような自然由来の酸化防止剤が使われているキャットフードを選びましょう!
  • ・ローズマリー抽出
  • ・緑茶抽出
  • ・ミックストコフェロール(ビタミンE)

調味料

キャットフードの嗜好性を調節する味付けのために使用されている添加物です。
ちょっと怖い話ですが、ひと昔前の猫や犬の寿命が短かったのは、人間の調味料がたっぷりと使われていた残飯を餌として与えていたからと言われています。

猫にとっては食材の味だけで十分ですので、調味料として味を追加する必要はありません。
そもそも味付けしておかないと、猫が食べられないくらい不味いものなんでしょうか。

また、10歳を越えると腎臓病を発症する割合が一気に増えるため、高齢の猫ちゃんは特に不要物(添加物)には注意したいですね。

調味料(アミノ酸) 興奮毒性
食塩 腎臓に負担
コーンシロップ 糖尿病
グリシリジン 健康リスク不明

香料

キャットフードの食いつきを高める香りづけのために使用されている添加物です。
人工的な香料は発ガン性、アレルギー、喘息のリスクがあるとされています。

わざわざ匂いを付けるということは、粗悪な原材料の悪臭を隠すため?という指摘もあります。

キャットフードで注意するべきたった1つのこと

キャットフードで注意するべきたった1つのこと

愛猫のキャットフードを購入するときに注意するべきことは、たった1つです。

パッケージの原材料欄を必ず確認すること。

猫は自分でご飯を選ぶことができません。
飼い主の方が何となくでも選んだキャットフードが愛猫の毎日の食事になります。

愛猫がいつまでも健康のまま長生きしてほしいからこそ、慎重に選ばないといけないですね。

ぽん

キャットフードを選ぶときに原材料を意識することが大切です!

無添加で安全なおすすめキャットフード3選

キャットフードに使われている添加物は危険なものが多いことが分かりました。

「結局のところ、どのキャットフードなら添加物が入ってなくて安全なの?」と不安に思った方へ、参考として私がおすすめする無添加キャットフードを3つ選んでみました。

ぽん

こちらで挙げたのはどれも「無添加・高品質・安全」なキャットフードです。
これからの猫ちゃんの健康のために、ぜひ参考にしてみてください。

【おすすめその1】モグニャン

モグニャンキャットフード

特徴まとめ
  • まるで「手作り食」のような美味しさを実現
  • 新鮮な白身魚を贅沢に使用
  • 高タンパク・グレインフリーで栄養満点
内容量 1.5kg
価格 3,960円(税抜)
主原料 白味魚
添加物 不使用
穀物 不使用

【おすすめその2】ジャガー

ジャガー

特徴まとめ
  • 身体に優しい「高品質・無添加・穀物不使用」
  • 新鮮な肉・魚を贅沢に80%以上使用
  • 健康食材で注目のマルベリー・朝鮮人参を配合
内容量 1.5kg
価格 4,280円(税抜)
主原料 骨抜きチキン生肉・鴨生肉
添加物 不使用
穀物 不使用

【おすすめその3】シンプリー

シンプリー

特徴まとめ
  • サーモンなどの高品質タンパク質を73%も使用
  • 毎日のごはんだから「健康的でおいしい」を実現
  • 動物栄養学者と共同開発された安心感
内容量 1.5kg
価格 3,960円(税抜)
主原料 骨抜き生サーモン(31%)
添加物 不使用
穀物 不使用

【まとめ】キャットフードの添加物は愛猫のために避けるべき!

【まとめ】キャットフードの添加物は愛猫のために避けるべき!

猫にとってキャットフードの添加物は健康被害につながるものでしかありません。
しかも、大半が猫に不要なものばかり。。

有名メーカーのキャットフードでさえ、平然と危険な添加物は使われています。

とはいえ、パッケージに書かれている原材料さえ見れば、添加物が入っていないキャットフードかどうか簡単に判断することができますので、まずは確認する癖をつけてください。

飼い主さんの判断が、愛猫の毎日の食生活に関わっていることを意識することが第一歩ですね。

ぽん

最後まで読んでいただいてありがとうございます。
キャットフード選びは難しいですが、ひとつひとつ安全を確認しながら愛猫に合うものを探してみてください。

\ キャットフード選びに悩んでいる方へ /

キャットフード選びに悩んでいる方へ

キャットフードを総合的に評価して、ランキング形式でご紹介しています。
キャットフード選びに悩んでいる方は、ぜひ参考にどうぞ!
 最新おすすめキャットフードランキング

ピックアップ

このこのごはんの特徴から口コミ評価を分析!におい・毛並み・涙やけに効果的?
ドッグフード
このこのごはんの特徴から口コミ評価を分析!におい・毛並み・涙やけに効果的?
【2018年】ドッグカメラ「Furbo(ファーボ)」の開催セールまとめ!さらに安くする裏技も!
犬の商品紹介
【2018年】ドッグカメラ「Furbo(ファーボ)」の開催セールまとめ!さらに安くする裏技も!
シンプリーキャットフードは魚好き猫におすすめ!口コミ・評判から総合評価!
キャットフード
シンプリーキャットフードは魚好き猫におすすめ!口コミ・評判から総合評価!
ジャガーキャットフードで愛猫を贅沢で健康的に!特徴・口コミ・評判から総合評価!
キャットフード
ジャガーキャットフードで愛猫を贅沢で健康的に!特徴・口コミ・評判から総合評価!
ネルソンズドッグフードは愛犬の健康に期待大!特徴や口コミ評判から総合評価!
ドッグフード
ネルソンズドッグフードは愛犬の健康に期待大!特徴や口コミ評判から総合評価!
ピッコロドッグフードをシニア犬におすすめする理由!口コミ・評判から総合評価を考察!
ドッグフード
ピッコロドッグフードをシニア犬におすすめする理由!口コミ・評判から総合評価を考察!
ファインペッツ極の評判と愛犬の3ヶ月間の体験談を公開!楽天やAmazonでは買わないで!
ドッグフード
ファインペッツ極の評判と愛犬の3ヶ月間の体験談を公開!楽天やAmazonでは買わないで!
モグワンドッグフードの口コミ・評判最新まとめ!【半額キャンペーン】はいつまで?お試しサンプルはあるの?
ドッグフード
モグワンドッグフードの口コミ・評判最新まとめ!【半額キャンペーン】はいつまで?お試しサンプルはあるの?
アランズナチュラルドッグフードの口コミの信憑性は?安全性まで分析!評価や評判から徹底的に考察!
ドッグフード
アランズナチュラルドッグフードの口コミの信憑性は?安全性まで分析!評価や評判から徹底的に考察!
カナガンドッグフードが悪い口コミ・評判で炎上!?食べない犬が続出?噂の真相と総合的に評価してみました!
ドッグフード
カナガンドッグフードが悪い口コミ・評判で炎上!?食べない犬が続出?噂の真相と総合的に評価してみました!